みんなでつくろう!健康しが

HOME > しが健康豆知識 > 血圧の高い方は、冬期の入浴環境に要注意!

vol.02

血圧の高い方は、冬期の入浴環境に要注意!

冬期の入浴に潜む危険性ご存知ですか?

暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室へ移動すると、急激な温度変化により、血圧の急激な上昇や心拍数の増加がみられます。
これは、体温を一定に保つための反応です。

しかし、高齢者や高血圧の方にとっては、心臓や脳の血管に大きな負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。
また長時間のお風呂における脱水も脳梗塞を引き起こしやすくなります。

予防のポイント

一番危険なのは、裸になる脱衣所や浴室です! 室温に注意し、急激な寒暖差をさけましょう。

POINT.01

安全に入浴をするためには浴室暖房機などで、脱衣所や浴室を入浴前に温めて置くことが大切です。
高齢者は、他の家族の後に入浴するようにすれば浴室が暖まり、お湯も沸かしたてではないため身体への負担は少なくなります。

POINT.02

ひとり暮らしの場合は、浴槽へ湯張りをされる際にシャワーで湯溜めをすることで、その蒸気で浴室内が暖まる効果が期待できます。

POINT.03

一日の内で体温が上昇し、血圧が安定する夕方の入浴が良いようです。急に熱いお湯に入らずに、ぬるめのお湯にゆったりとつかり身体の緊張をとるようにしましょう。
熱いお湯や極端な長風呂は避けましょう。

POINT.04

入浴前や後、また、就寝前など脱水予防のために十分な水分をとるように心がけて下さい。


出典 県立リハビリテーションセンター情報誌 「和み」

一覧に戻る

Copyright © Shiga Prefecture. All rights reserved.