みんなでつくろう!健康しが

HOME > しが健康豆知識 > びわこ心身健康道場

vol.13

びわこ心身健康道場

社会医療法人 誠光会
会長 柏木 厚典 さま

誠光会では、“医療や介護を提供している法人の職員が不健康であってはならない”という想いから、「びわこ心身健康道場」などを始めとする、職員の健康増進活動に取り組んでいます。そうした取り組みが認められ、2019年2月、滋賀県下の病院では初となる「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定されました。そこに至った背景などについて伺いました。

社会医療法人誠光会会長 柏木厚典さま

 

生活習慣病の背景にはストレス社会

健康経営に取り組まれたきっかけについて教えてください。

近年、高度情報化社会へと変わっていく中で、また、働く環境も終身雇用制から能力主義へとシフトしており、心身ともに非常にストレスが大きくなっています。その結果、食生活や食習慣の乱れ、運動不足等により、肥満や高血圧、高血糖、脂質異常や脂肪肝、うつ病といった問題が起こりやすい状況です。

疾病構造も、生活習慣病に起因するものが増えており、肥満をベースとした上記のような症状に、喫煙が加わると心筋梗塞や脳梗塞の非常に大きな要因となります。他にも、生活習慣病が認知症や癌の原因となることも分かってきており、ストレスの解除を含む生活習慣のみなおしが非常に大事になってきています。

これまで毎年職員の健康診断を実施していましたが、結果を経年的に見ても改善していないことが分かっていました。なぜなら、保健指導も十分できていないから、生活習慣や周りの環境も変わっていかないので、検査値の異常が改善されていません。

さらに、健診をやっていて分かったのは、健診結果は個人情報、そして勤労者を保護するという観点から、そういった情報はこれまでどちらかと言うと扱いにくく、受診者に対して充分フィードバックされていませんでした。

 

健診結果を活かし、改善するためのプログラムとして
「びわこ心身健康道場」をスタート

患者さんも職員もですが、悪くなってから病院に行くのではなく、本当は病院に来る前から生活習慣に気をつけるよう指導するのが本来の特定健診の姿なんですね。

なので、このままの健診のあり方ではいけないと、毎年の健診結果を活かしながら取り組める体制づくりをするために、2018年4月に当法人の職員を対象とした「びわこ心身健康道場」をサンスターとの共催で開設しました。その後、2019年2月に「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定され、同年4月から「びわこ心身健康道場」を一般の方を対象に、グンゼスポーツ南草津レイクブルーと共催でプログラムの提供をしています。

道場ではどのようなプログラムが受けられるんですか?

4回の半日コースで、血圧、血糖、肥満度、脂質、尿酸、脂肪肝(ALTのみ)を測定し、心筋梗塞や脳梗塞の危険因子を評価します。それから、体力測定をして、筋肉量や脂肪量、内臓脂肪の付き具合なども評価します。健康道場を続けていくと、腹囲が小さくなると同時に、脂肪量も減り各危険因子が改善していきます。腹囲が1cm小さくなると体重も約1kg減るという関係があり、目安がはっきりしているので、取組みが非常に評価しやすいのが特徴です。

びわこ心身健康道場

びわこ心身健康道場

変化というのは感じておられますか?

このプログラムでは、10名程度を1グループにして取り組んでいます。何歩歩いた、何㎏痩せた、血糖値が…とお互いに競争するようになるので、取組み方が変わります。

それに、数値の評価だけでなく、食事のとり方や運動の実技指導、万歩計の使い方など具体的な方法を勉強できるのもこのプログラムの大事なポイントの一つです。自分で健診結果を正確に把握するために、自分の数値がどんな状態にあるのか評価してもらうようにしています。そうすることで何が重要なのかが分かるようになってきます。

ある程度良くなってくると気持ちが緩んでしまって、一年くらいで元に戻るという人がたくさんいます。でも、これからの健診ではデータを経年的に見て、健康を持続的にサポート、指導をしていくことが大切であり、重要な課題であると思っています。

心の健康についても、何にストレスを感じているのか、どんなストレス反応があるかを分析していかないといけないのですが、家庭や社会からのストレスへはアプローチが難しいですね。

「びわこ心身健康道場」ではオーラルブラッシング指導をされていますが、どうしてですか?

実は、私は以前サンスター主催の一泊旅行に参加するまで、きちっとした歯の磨き方は勉強したことなかったんですね。

でも、正しい磨き方というのは、歯周の掃除の仕方が全然違います。それがきちっとできていないと、歯周病になったり、糖尿病につながることもあります。

口腔内を清潔に保つことが大切なのはもちろんですが、歯磨きのトレーニングをすることは高齢者の誤嚥性の肺炎の予防にも効果があります。他にも、肥満や動脈硬化にも効果的なので指導するようにしています。

オーラルブラッシング指導

近い将来、国の医療費や介護費が爆発的に増えていくと予想されています。その費用を軽減し、適正な費用を適正な方にいきわたるようにするためには、疾患予防の取組がますます重要になってきます。

当会はもちろん、これからの時代、企業が発展する上で働きやすい職場環境を提供し、従業員の健康増進が重要な経営課題になってきますので、健康経営の支援に積極的に取り組んでいきたいと思います。

 

今回取材に伺ったのは…

社会医療法人 誠光会

住所 525-8585 滋賀県草津市矢橋町1660
TEL 077-563-8866
FAX 077-563-9313

一般社団法人誠光会 先端医療・健康増進協会

一覧に戻る

Copyright © Shiga Prefecture. All rights reserved.