みんなでつくろう!健康しが

HOME > 「健康しが」の取り組み > 平成30年度健康寿命延伸プロジェクト最優秀賞<地域部門(栄養)>

この記事をシェア

2019/02/20

平成30年度健康寿命延伸プロジェクト最優秀賞<地域部門(栄養)>

ひこね元気クラブ21

彦根に住めば元気になれる

 

ひこね元気クラブ21は、彦根市の委託を受けて「彦根に住めば元気になれる」をスローガンに、運動チームと食事チームのメンバーで活動しているボランティア団体です。

特に、食事チームは”減塩”について活動、そのことが平成30年度健康寿命延伸プロジェクト 地域部門(栄養)で最優秀賞に選ばれたので紹介します。

 

取り組みについて

  • 減塩啓発

平成21年度から実施してきた味覚チェックが、平成30年6月に体験者1万人を達成!

達成記念として、管理栄養士による記念講演を11月11日に開催しました。

味覚チェック中

減塩啓発活動

 

 

  • 「食べよう菜弁当」の企画

減塩・野菜摂取の啓発活動として、年2回(春・秋の各1週間限定)「食べよう菜弁当」の企画をしています。

「食べよう菜弁当」は、塩分3g未満でも薄味で美味しく、野菜をたっぷり摂れる食べ方を、市民の皆さんに知っていただこうという企画から生まれました。

また、”薄味でもおいしい”以外にも、1食分の野菜の量感を知ってもらえるようなボリュームたっぷりのお弁当に仕上げて、彦根市内のお弁当屋さんで販売しています。

ボリュームたっぷり!

ボリュームたっぷり!

 

 

ちなみに・・・薄味ってどれくらい?

塩分は男性8g、女性は7g未満に!

 

じゃあ、どうしたら塩分を減らせるの??

 

  • だしを活用!
  • 酢やレモン、香辛料を上手に使って醬油や味噌の量を少なく!
  • 味付けはメリハリを利かせて!

 

団体紹介

団体名:ひこね元気クラブ21

代表者名:西川 美代

所在地:滋賀県彦根市八坂町1900-4 くすのきセンター2階

会員数:24名

設立:2014年4月

ホームページ

「ひこね元気クラブ21の仲間がおすすめする健康づくりの素」

RECOMENDED関連記事

Copyright © Shiga Prefecture. All rights reserved.